看護専門学校の男女比

看護専門学校の男女比

看護専門学校の男女比 看護専門学校というのは看護師の資格をとる学校のことです。基礎分野だけでなく専門分野も学ぶだけでなく、人として患者さんに寄り添う心がけなども学んでいくことになります。そしてその生徒ですが男女比では圧倒的に女性が多いです。
いまから20年以上前は女性ばかりでしたが、ここ10年くらいで、男性の志望者も増えてきて、男性が10%から20%くらいになってずいぶん増えてきました。実際、病院の中での業務というのは、肉体労働が多く重いものをもつということも多いので、男性が求められているというのもあります。さらには患者さんは女性だけでなく男性の方も多いために、看護師も男性のニーズが増えていることもあげられています。どこの病院でも看護師不足は顕著なために、男性の人材も多くなることを求められています。看護専門学校も今後ますます男性の志望者が増えていています。国家資格でずっと働けるということで、なり手の多い職種といえます。

今増えている看護専門学校の男性枠

今増えている看護専門学校の男性枠 看護専門学校といえば、女性のための学校というイメージが圧倒的に強かったものです。しかしながら、看護を志す男性が今急増していることもあって枠が設けられるようになりました。女性ばかりの職場に男が増えてきた背景には、2002年に短大と看護専門学校だけだったのが4年制の学部が設立されるようになったことが影響しています。
女性ばかりの職場に男を増やすことを目的として採用時には枠が設立されるようになりました。そのため、就職においても男を積極的に採用しようという動きが見られるようになったのです。このような取り組みが成就して現在では看護専門学校では全体の1割を男性が占めるようになりました。それでもまだ男の割合というのは少なく、これからも学生を増やすための取り組みに一生力を入れていくことが求められます。看護の現場というのは、意外と重労働であることから男の看護師の就職は歓迎される傾向が強くなってきているのが実情です。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>