公立の看護専門学校のメリット

公立の看護専門学校のメリット

公立の看護専門学校のメリット 看護専門学校は全国にたくさんあり、私立・公立といった種類があります。大きな違いは学費の安さです。関東の看護専門学校の学費を比較してみます。初年度費用として、入学金・授業料・施設費などを全て含めた金額で考えます。私立では約80万円~120万円かかります。それに比べて公立は、約30万~70万円ほどになります。東京都立になると30万円ほどでおさめることができます。東京都立は都内に7カ所あり学費のことを考えるとても低く設定されておりありがたいです。各種就学資金や減免制度などを設けているところもあります。

私立は、病院附属の看護専門学校であれば附属病院などへ就職を予定していることにより利用できる奨学金があります。学校の授業内容も東京都立を例にとると、「つねに進化する授業内容」「実習の細やかな指導」「最新の設備・快適な環境」と掲げており、充実していることが窺えます。実習を行う場所は都立病院・市立病院・大学病院などがあり、様々な現場体験を活かして自分に合った就職先を選べることもメリットです。

看護専門学校の資格取得で注意するポイント

看護専門学校の資格取得で注意するポイント 看護の世界に進む方であれば一度は検討されることに『看護大学』と『看護専門学校』があります。簡単に看護大学と看護専門学校での違いについてですが、看護大学と看護専門学校どちらを卒業しても、看護師になる『国家資格』を受験することができるようになります。大きく違うのは、大学が高度化・多様化していく現代の医療について理論や卓上での勉強が中心であるのに対して専門学校では実技優先で取り組む形です。ですから専門学校生は実習を多く経験している為、実際の現場の実務に慣れるのが早くなるという即戦力になれるという利点があります。
次に『保健師・助産師・専門看護師』を目指すのであれば、大学を卒業すると受験資格を得ることができますので、有利となります。これは一概にどちらがお勧めということがなく自分がどの道を選択したいかということが大切になります。それぞれのメリットとデメリットをよく理解し、じっくりと教師や家族と相談しながら決めて行くことが重要です。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>