寮の利便性

寮の利便性

寮の利便性  看護専門学校で寮に一番利便性を感じるときは看護実習の時です。
 看護専門学校で一番大変なことといえば、看護実習です。
実習期間、実際に病院に行き看護を行います。
ただ、病院に行き実習をするだけでなく、受け持ち患者の疾患についての勉強・看護計画書の作成・カンファレンスの資料作りがあります。
しかも、それらを行うほとんどの時間はのは実習が終わってからです。
しかも、最新の医療の情報が載っている専門書は学校の図書館がメインになります。
学校と寮が近いところが多いので、すぐに資料を探しに行くことができることはとても大切になります。
また、カンファレンスなどは、グループ全員で作成していきますので全員が集まれる場所が必要になります。
独り暮らしのアパートだと、大人数で集まるのは大変ですし、周りの音なども気になってしまいます。
それらを考えたときに、寮という場所はとても勝手の良い場所なのです。
 また、人とかかわる職業なので精神的にも辛いときもあります。
その時に、すぐ隣に友達がいてくれる、お互い支え合えることができる場所にもなります。
 

看護専門学校の寮生活で気をつけること

看護専門学校の寮生活で気をつけること 全国には未来の看護師になる人達が通う看護専門学校はたくさんあって、学生寮が完備されているところもあります。
寮生活は集団生活になるので、メリットもあればデメリットもあります。

やはり最大のメリットは同じ目標に向かって勉強に励むことでモチベーションがあがること、様々な費用の節約が出来ることです。
一般的に賃貸アパートなどを借りるより、家具や備品などを準備したりする手間もお金も省けます。
食事付きの寮なら栄養バランスの保たれた健康的な生活が送れます。
セキュリティ面にしても管理人がいるから安心ですし、保護者から見ても一人暮らしとは違うので安心でしょう。

デメリットとしては、寮のルールに従わなくてはいけないことと自分の時間をなかなか作れないことから生活しづらい場合があることです。
門限があったり片付けや掃除なども分担してやる必要がありますし、騒音にも気を付けなくてはいけません。
また、人間関係に悩まされることは少なからずあることでしょう。

どちらにしても寮生活をする機会はその時だけのことですし、看護専門学校という難しい勉強を乗り越えて同じ目標に向かって頑張ってきた仲間という意識から絆も強くなります。
きっと一生忘れられない貴重な体験になります。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>